肝斑治療を自己治療で行う方法

subpage1

肝斑治療をするために美容クリニックに通うというのは一つの方法であり、最新の美容機器を使って効果的に治療を行うことができると期待できます。



しかし、費用がかかることや通うための労力を考えると自宅で行いたいと考える人も多いでしょう。

そのときに自宅でも美容クリニックで行うような肝斑治療が行えたら良いと考えるのはもっともなことです。

肝斑治療をするためには沈着してしまったメラニン色素を取り除く必要がありますが、一般的な化粧品ではなかなか消えてくれないことがよくあります。
そのときに役立つのがハイドロキノンとトレチノインの併用療法です。

ハイドロキノンにはメラニン色素を還元して脱色してしまう力があるため、既に沈着してしまった色素を表面から薄くしていくことができます。肝斑はしばしば肌の奥まで進行していますが、トレチノインを使用することによって肌の新陳代謝を促進することができるため、古い角質層を除去して肌の奥にあるメラニン色素が沈着してしまった肌も表面に出すことができます。

そして、その肌からもハイドロキノンで脱色を行っていくことにより効率的に肝斑治療が行えるのです。



こういった方法を行うにはハイドロキノンクリームとトレチノインジェルを購入する必要がありますが、通信販売で海外からの輸入ができます。



濃度の低いハイドロキノンクリームは国内でも販売されるようになっているため、まずはそれだけを使ってみるのも良い方法です。